【失敗から学ぶ】転職で失敗しない方法【もう後悔しない】

「転職に失敗した。転職先がブラックで後悔してるけどどうすればいいの?」

「転職で後悔したくない。失敗しない方法教えて」

こういった疑問にお答えします。

転職活動を始めたけど、なかなか決まらないと不安になりますよね。

また転職活動を始めると今の会社を早く辞めたくなったりしてストレスが溜まります。

焦って転職をして、いざ決まった会社に入ったら「失敗した・・・」と後悔した経験はありませんか?

僕自身、焦って転職した結果、前の会社よりも条件が悪く、人間関係もひどいということがありました。

そんな経験を踏まえて転職で失敗しない方法について解説していきます。

目次

・【もう後悔しない】転職で失敗しない方法

・【もう後悔しない】転職に失敗する人の特徴

・【もう後悔しない】転職先がブラック企業だっzたときに考えること【もう失敗しない】

・【もう後悔しない】転職で失敗しない方法

転職を考えている方は今の会社に不満を抱えていたり、自分のキャリアを考えているはずです。

転職に失敗してしまうと、「やっぱり前の会社がよかった・・・」「こんなはずじゃなかった」と後悔してしまいますよね。

転職に失敗しない方法があれば知りたいですし、失敗しても挽回する方法があればもっと知りたいはずです。

結論から言うと、転職に失敗しない方法は「焦らないこと」に尽きます。

今の会社が嫌になり、早く転職したい!という気持ちが全面に出てしまうと、転職理由や職務経歴書を書く際にも自分の経験してきた仕事を上手く表現できなかったり、面接で明確な志望動機を伝えることができなかったり、かえって転職活動が上手くいきません。

仮に転職理由が「今の会社を辞めたい」であったとしても、転職活動をする際は、自分がどうなりたいのか、自分のキャリアをどうしたいのかをじっくり考えてみることが大切です。

「とりあえず行動!」ということを言っている方がよくいますが、ただ闇雲に行動してもその先にまっているのは後悔しかありません。

自分が転職することの意味をしっかりと考えて、後悔しない転職をしましょう。

ここで注意して欲しいのは、「考えすぎて行動しないこと」です。

真面目な人ほど、「失敗したくない」「後悔したくない」と思って考えすぎてしまい、なかなか行動に移せません。

転職に限らず、何か新しいことに挑戦するときは考えることも重要ですが、ある程度考えたら行動してみることがもっと重要です。

「じゃあ何を考えればいいの?」

とあまりイメージが湧かない方がほとんどだと思います。

失敗しない転職をする際に考えるべきことは、「転職理由」と「自分のキャリア」の2つです。

【転職理由】

「今の会社から逃げたい!」と思って転職を決心したとしましょう。

しかし、「今の会社から逃げたい!」というだけでは、転職先は今の会社以外の会社であればどこでもいいということになります。

「今の会社から逃げたい!」のが一番の理由である場合、「なぜ今の会社から逃げたいのか」を考えてみましょう。

「上司が嫌だから」「仕事がきついから」「自分に合っていないから」

理由は様々だと思いますが、「今の会社から逃げたい!」ともっと膨らませて考えることが大切です。

上記の理由まで膨らますことができたら、次はどうしたらその悩みを解決できるかを考えます。

「上司が嫌だから」→「上司が変われば自分はもっと仕事に集中することができる」

「仕事がきついから」→「自己学習にもっと時間を使えば仕事にもいい影響がでる」

「自分に合っていないから」→「営業では自分のスキルを発揮することができないから管理系で自分のスキルを発揮したい」

と悩みの解決方法を考えてみるのです。

転職理由はその解決方法にするといいです。

転職理由を考えるときは、上記で説明した3段階のプロセスを踏んで下さい。

転職理由がしっかりしていると書類も通過しやすいですし、面接でも明確に転職理由を伝えることができます。

転職理由がしっかりしていると、自分の目標が明確になるため、不思議と自分が希望する条件に合った企業に応募することになります。

自分が希望する条件に合った企業に応募し、採用されれば、転職に失敗する確率は大幅に下がりますし、後悔もしませんよね。

転職で失敗しないためには転職理由を掘り下げて考えることが重要です。

【自分のキャリア】

失敗しない転職で考えるべきことその2は「自分のキャリア」です。

将来自分がどのようになりたいか考えてことはありますか?

「大きなプロジェクトの責任者になりたい」「専門性を追求したい」

と明確なビジョンをもっている方は問題ありません。

しかし「とりあえず長く働いて部長になれればいいや」「どうなっているか見当もつかない」と思っている方は転職で失敗する可能性があります。

自分のキャリアがしっかりしていると、自分のキャリアに必要なスキル、経験がなんとなくわかりますから、自分のキャリアに合った企業に応募することになります。

自分のキャリアに合った企業に転職することができれば、満足度も高くなりますし、後悔もしませんよね。

でも自分のキャリアを考えていないと、転職の際にとりあえず条件がいい会社、今よりいい会社に手当たり次第応募することになりかねません。

転職の際に自分のキャリアを考えていないと、結局「転職したけど自分に合っていないかも」となってしまい、また同じような転職を繰り返してしまいます。

失敗しない転職をするためには自分のキャリアを考えることが重要です。

僕が転職に失敗したときは、まさに自分のキャリアを考えていませんでした。

とりあえず今の会社から逃げたい!と考えて、闇雲に転職した結果、「前の会社の方がよかった」と思ってしまい、また転職することになりました。

この記事を読んでいる方は「今の会社から逃げたい!」と考えている方が多いと思います。

皆さんには僕のように転職で失敗して欲しくはないのです。

しかし、いざ自分のキャリアを聞かれてもよくわかりませんよね。

特に僕と同じ20代の方は仕事に追われて自分のキャリアを考える暇もないでしょう。

そこで転職で後悔しないために「自分のキャリア」の考え方を伝授します。

「自分のキャリア」を考えるプロセスは「何をしたいか」「どうなりたいか」を考えることです。

【何をしたいか】

「仕事なんてどうでもいい」という方でもやりたい仕事はあると思います。

「マネジメントにかかわりたい」「専門性を高めたい」など、誰でもやってみたい仕事はあるものです。

別に今の職種にこだわる必要はありません。

今営業をやっていても、管理系をやってみたい、プログラミングをやってみたいなど自分のやりたいことを書き出してみましょう。

【どうなりたいか】

自分が将来どうなりたいかを考えることは自分のキャリアを考える上でとても大切です。

「部下を束ねる上司になりたい」「経営側に立って会社を大きくするポジションにつきたい」など自分がどういう立ち位置にいたいかを考えましょう。

自分が何をしたいか、どうなりたいかを考えて出た結論が自分のキャリアになります。

自分のキャリアが定まれば、自分に今必要なスキル、知識が明確になります。

自分に足りないスキル、知識がわかれば、それを身に着けることができる企業を探すだけです。

自分のキャリアが明確になり、自分のキャリアを達成できる企業に転職することができれば、失敗も後悔もありません。

失敗しない転職を実現するために、自分のキャリアを考えましょう。

・【もう後悔しない】転職に失敗する人の特徴

転職に失敗する人ってどんな人でしょうか。

転職に失敗する人には特徴があります。

「転職が上手くいかない」「なぜかブラック企業ばかりに転職してしまう。」

といった人は自分が以下の特徴に当てはまらないか考えてみて下さい。

■転職する人の特徴

・転職理由が明確でない。

・自分のキャリアがない。

・仕事に興味がない。

・自分の主張を変えない・

どうでしたか?

「あてはまってる・・・」

という方も大丈夫です。

自分に心当たりがある場合には、当てはまっている項目を変えるように努力しましょう。

【転職理由が明確でない・自分のキャリアがない】

上記で解説しましたが、転職理由が明確でなかったり、自分のキャリアがない人は転職の際の企業選びを十分にすることができません。

企業選びを適当にしてしまうことで、自分の希望に合わない企業に転職してしまったり、ブラック企業とわからずに入社してしまうのです。

転職理由の考え方や自分のキャリアの考え方については上記で解説しましたのでそちらをご参照下さい。

【仕事に興味がない】

「仕事なんて給料もらえればいい」「生活費を稼ぐためのツールだから」

という方も多いのではないでしょうか。

どちらかと言えば僕もそっち派です。

そんな僕も仕事に興味がないわけではありません。

難しい仕事を乗り越えた時や仕事で自分の知らなかったことが浮き彫りになると、「もっと頑張ろう」と思いますし、顧客から感謝された時はやっぱり嬉しいです。

皆さんもそんな経験があると思います。

仕事に全く興味がないという方は少ないのではないでしょうか。

しかし仕事に興味がないと、企業選びも適当になってしまいますよね。

給料が高いところ(めちゃくちゃ激務)、仕事が楽なところ(ほとんど事務作業でスキルが身につかない)などに転職してしまい、逆にストレスが溜まったり、満足感を得ることができなかったりしますね。

日本人は仕事に人生の3分の1ぐらいを費やすと言われています。

これだけ人生の時間を費やすわけですから、仕事から何かを得たり、仕事にできるだけストレスを感じずに過ごしたいですよね。

そのためにも自分がしている仕事には興味を持つことが重要です。

どんな仕事が好き(辛くない)で、どんな仕事にやりがいを感じるのかを改めて考えてみましょう。

【自分の主張を変えない】

「え、自分の主張を持つことは大事でしょ」

もちろん、自分の主張を持つことは大切です。

しかし自分の主張ばかり押し付けていても、物事は進みませんし、時には引くことも必要になります。

経営者であれば責任を負うのは自分ですから、自分の主張を貫いても良いかもしれません。

しかし、雇用されている立場からすると自分の主張を曲げないことは仕事の妨げになることありますし、時には揉め事に発展する可能性もあります。

自分の主張を曲げないことと他人の主張を受け入れることのバランスは正直難しいですが、仕事をしていれば自然に身についていくものです。

「あそこで引くべきだったかな」「もっと自分の意見を主張してもよかったかも・・・」

という経験がある方は問題ありません。

あまり意識していなくても自然と感覚が身についていきます。

逆に「自分の主張は絶対に正しい」と常に考えている方は考えを改めましょう。

このバランスは転職の面接で非常に役に立ちます。

面接官の主張と自分の意見のバランスをしっかりとることができれば面接に通過することは難しくありません。

自分が普段どのような考えで仕事に望んでいるかを見直してみましょう。

見直し方は簡単です。

自分の主張と相手の主張がぶつかったときのことを思い出してみてください。

意見が衝突したときに自分がとった行動で仕事が上手くいったか、それとも複雑になってしまったかを思い出して、今後の行動に役立てて下さいね。

・【もう後悔しない】転職先がブラック企業だったときに考えること【もう失敗しない】

転職先がブラック企業だったときに考えることは次の3つです。

・すぐに転職するべきか

・少し我慢するべきか

・一旦辞めるべきか

【すぐに転職するべきか】

心に余裕があり、転職先がブラック企業だった場合には、すぐに転職することを考えて下さい。

心に余裕があれば、転職活動も積極的にすることができます。

但し、転職先を早く決めることを約束して下さい。

ブラック企業では過剰な労働やパワハラにより精神的に削られていきます。

入社した当初は心に余裕があっても、働いているうちに心が弱ってしまい、転職活動ができなくなることにもなりかねません。

ブラック企業に入社したときは「すぐに転職するべきか」を検討しましょう。

【少し我慢するべきか】

「仕事が多すぎる」「上司が厳しい(パワハラはない)」場合には、少し我慢してみるのも選択肢に入ります。

仕事が多くても、上司が厳しくても、結果として自分のスキルの向上にもたらしているかもしれませんし、しっかり仕事を覚えればそこまで気にならなくなるかもしれません。

「仕事が多い」「上司が厳しい」はブラック企業を見分ける一つの基準にはなりますが、それだけをもってすぐに転職を考えるのは失敗に繋がります。

仕事が多くても、上司が厳しくても、その会社の従業員の離職率が低かったり、従業員が生き生きしている環境であれば、自分の成長に繋がるいい企業かもしれません。

「ブラック企業かも」と思いつつも、本当にブラック企業なのかを見極めることが重要です。

【一旦辞めるべきか】

心に余裕がない場合には、思い切って辞めましょう。

仕事が全てではありません。

心に余裕がないときは、仕事も上手くいきませんし、ブラック企業だと自分から逃げ出すことも難しくなります。

「あ、疲れてるかも・・・」「毎日生きるのが辛い・・・」と少しでも思ったら、一旦辞めることを考えましょう。

あなたの人生をブラック企業に捧げる必要はありません。

難しいことは考えずに、思い切って会社を辞めて、一旦自由になって下さい。